銀のすぷーんの誓い

銀のすぷーんのこだわり

「銀のすぷーん」が生まれたのは、1977年。
「スウィーツ」という言葉さえ使われていなかった時代のことでした。
以来、素材と味にこだわり、「理想のお菓子」を求めて歩んできました。

本店・久留米は、筑後地域の中心都市。
筑後平野は素材の宝庫であり、耳納連山の豊かな自然で育まれたさまざまな果物をはじめ、穀物や卵、牛乳にも恵まれています。
私たちは、こうした素材を生かし、不要な添加物を使うことなく、最高のスウィーツに仕上げてお届けしています。

銀のすぷーんのこだわり

スイーツにこめた誓い 「銀の5つの星」

5つの誓い
素材は全ての基本。だから本当に確かのもしか使いません。

素材は、味を支える“分母”のようなもの。私たちの素材は、久留米をはじめとする筑後地区で採れたものが中心です。実際に、見て、さわって、味わって確かめたものだけを大切に使うこと。これが、銀のすぷーんの約束です。

九州産の牛乳

九州産の牛乳

九州の大自然に育まれたこく味たっぷりの牛乳は、お菓子作りにもぴったりです。

みのう高原地卵

みのう高原地卵

福岡県久留米市の「村田孵化場」さんで出来る限り自然な状態の中、元気いっぱいに育てられた鶏が産むこだわりの卵です。

筑後平野のフルーツ

筑後平野のフルーツ

実り豊かな筑後に実った旬のフルーツを下ごしらえから自社で行って、安心でおいしいお菓子づくりに取り組んでいます。

福岡県産の小麦粉・米粉

福岡県産の小麦粉・米粉

豊かな筑後平野で生まれた小麦粉「ニシホナミ」「ミナミノチカラ」、本店がある久留米で育った特別栽培米から作られた米粉を使ってケーキや焼き菓子を作っています。

スウィーツは甘い。それを見つめる目は厳しい。この味には、ハートが息づいています。

私たち自身が、誰よりも厳しい目で商品を見つめていたい。これが、銀のすぷーんの姿勢です。 本当のおいしさは心がつくる。ハートがつくる。私たちは、スウィーツにこの想いを託して届けます。

「感じること」からはじまるスウィーツ。その味の世界を感じてほしい。

「味とは創るのではなく、迎えにゆくもの」。これが私たちの哲学です。そのために必要なのは「感じる力」です。旬を感じる。仕込むとき、焼くとき、デコレートするとき、素材の“声”を聞きながら、最もおいしい瞬間を感じとって、最高の味に仕上げていく。そんなスウィーツの世界をお客様とともに感じることができたとき、銀のすぷーんのお菓子づくりは完成します。

その素材が、一年で最もおいしく実るとき。それが、旬です。 銀のすぷーんは、生産者の方たちとの交流をとおして旬を素早くとらえ、最高のおいしさを届けています。

旬は、自然からの最高の贈り物。最高のままを、極上の味にして届けます。
旬は、自然からの最高の贈り物。最高のままを、極上の味にして届けます。

その素材が、一年で最もおいしく実るとき。それが、旬です。 銀のすぷーんは、生産者の方たちとの交流をとおして旬を素早くとらえ、最高のおいしさを届けています。

安全も、おいしさです。安心はやさしさです。豊かな味は健やかなカラダの友だちです。

大切な人と味わうもの。大切な人に贈るもの。スウィーツは、小さな焼き菓子ひとつにも大きな役割が与えられています。 だからこそ、安心して味わえるものでなくてはならない。 私たちはこの使命のもと、カラダも心も健やかにするスウィーツをお届けしています。

銀のすぷーんの筑後の素材をふんだんに使った季節のおすすめ商品はこちらです。

季節のおすすめ商品